ホットフラッシュの原因は、交感神経優位になることだった

ホットフラッシュ 原因について

 

ホットフラッシュの原因は、
交感神経優位になっていることだと言われています。

 

交感神経と言うと、自律神経と深い関わりがあるところです。

 

自律神経とは、どのような働きをしているのでしょうか?
交感神経優位とは、どのような状態なのでしょうか?
また本当にホットフラッシュの原因となるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

辛いホットフラッシュの原因を知りたいという方、
何とかして効果的に対策を始めたい!と思っておられる方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

自律神経とは?

 

ホットフラッシュ 原因について

 

自律神経失調症といった病でもよく知られている自律神経。

 

よく耳にする言葉ですが、
どのような働きをしてくれている部分なのでしょうか?

 

自律神経とは名前の通り、神経を表しますが、
交感神経と副交感神経という二つの種類の神経が存在します。

 

人間の心臓や肺といった、とても大切な器官を始めとして、
ほとんどの器官はこの自律神経と呼ばれる交感神経と
副交感神経の2つがコントロールしています。

 

体温を調整したり汗の量を加減したり、呼吸の数や深さ、
血圧の調整、食べ物を消化することなど人間の生命維持のために
必要不可欠なほとんどの活動を自律神経が司っています。

 

この自律神経が上手にバランスを保っていくことで、
あらゆる機能が調整されていきます。

 

とても大切な部分なので、この自律神経のバランスが
乱れてしまい、体のさまざまな機能を
上手に調整できなくなってしまうと
心や体に様々な不調が現れます。

 

交感神経優位とは?

 

ホットフラッシュ 原因について

 

交感神経と副交感神経がありますが、
交感神経優位とはどの様な状態でしょうか?

 

交感神経と言うのは、日中に主に活発になる、
体を動かすために必要な神経
です。

 

副交感神経と言うのは、脳や体をリラックスさせ
休息のために必要な神経
です。

 

どちらかが優位になるため、通常は日中が交感神経優位、
夜間が副交感神経優位という状態に変化します。

 

ですから、体を活動させたり休ませたりという風に
バランスをとることで、健康を保っています。

 

しかし、ホットフラッシュの原因とも言われている
更年期の時期には、交感神経優位の状態が
異常に長くなってしまいます。

 

交感神経優位が続くと、体を動かすための機能が
活発になりすぎるため、血管が収縮して
顔がほてりやすくなったり、大量に汗をかいてしまう
ホットフラッシュの原因となってしまいます。