身体の冷えは、ホットフラッシュの悪化の原因になる?

ホットフラッシュ 原因について

 

ホットフラッシュの原因は冷えにあるのか?
温めすぎにあるのか?ということはよく話題になっています。

 

ホットフラッシュの原因に、
冷えをあげることができるのでしょうか?

 

ホットフラッシュで悩まされている場合、
体を温めるのと冷やすのでは、
どちらの方が効果的なのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について
調べてまとめてみました。

 

辛いホットフラッシュで悩まされている方、
冷えが原因かもしれないと考えている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

冷えとホットフラッシュ

 

ホットフラッシュ 原因について

 

冷えはホルモンバランスを乱す

 

冷えが、ホットフラッシュの原因と言われているのは
なぜでしょうか?

 

主に考えられることとして、冷え性が、
ホルモンバランスが乱れる原因と言われているからです。

 

冷えやストレス、運動不足といった事柄も
ホルモンバランスを乱す原因として知られているんです。

 

それで、冷えによってホルモンバランスが余計乱れてしまうと、
ホットフラッシュが悪化する原因になるのではないか?と
言われています。

 

もちろん、ホットフラッシュの原因は一つではなく、
更年期障害の症状が重くなってしまう理由も、
冷えだけとは言い切れません。

 

しかし、全身が冷えているというわけではなく
末端が冷えているという方は、特に冷え性の可能性が高いため、
全身の血の巡りを良くするということは効果的です。

 

温めるとホットフラッシュが起きやすいと感じる場合、
運動などを取り入れることで、
身体全体の血の巡りを良くすることがおすすめです。

 

ホットフラッシュの原因と言われているのは冷えだけではなく、
様々な事が重なり自律神経が乱れてしまうことです。

 

ですから、身体の冷えは、ホットフラッシュの原因と
直結しているとは言い切れませんが、
深い関わりがあるのは事実です。

 

冷やすのと温めるのどちらが良い?

 

冷えが直接ホットフラッシュの原因と直結していないという限り、
冷やせば良いか温めれば良いかということには、
非常に大きな個人差があります。

 

冷えで悩まされていて、
それが原因となっている様に感じるという方は、体を温め、
血の巡りを良くしてみると良いでしょう。

 

しかし、体を温めるとホットフラッシュが
悪化してしまうからという考えが原因で、ストレス発散のために
お風呂に入れなかったり運動ができないということでは、
余計にホットフラッシュの原因となりかねません。