辛い更年期に!ホットフラッシュ対策として取り入れたい食品

ホットフラッシュ 原因について

 

ホットフラッシュは、ホルモンバランスが乱れてしまう
更年期障害の症状ですが、ホルモンバランスを乱す原因は
更年期障害だけではありません。

 

更年期と自律神経

 

ホットフラッシュ 原因について

 

更年期と言われているのは、
女性は閉経を境目にした前後10年間です。

 

45歳から55歳あたりが更年期と言われる時期にあたります。

 

更年期の時期には、女性であれば女性ホルモン、
男性であれば男性ホルモンが減少するため、
身体全体のホルモンバランスが乱れやすくなります。

 

それにより、自律神経が乱れるなどして、
身体全体に様々な不調が起こるんです。

 

その一つと言われているのが、
ホットフラッシュという症状なんです。

 

ホットフラッシュは、主に血管の太さを
十分に調整できなくなってしまっていることが原因です。

 

血管の太さをうまく調整できないため、
体温が上がり過ぎてしまったり、
血流が増えすぎてしまったりするというわけです。

 

辛いホットフラッシュ対策について考えておられる方も
少なくないと思いますが、どのようにすれば効果的に
予防・対策を行うことができるのでしょうか?

 

毎日の健康づくりは毎日の食事から!といっても
過言ではありません。

 

それで、今回この記事では、ホットフラッシュ対策として
積極的に取り入れたい食品について、調べてまとめてみました。

 

健康的な食事を意識して、ホットフラッシュ対策も
行えたら良いのに、と思っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

ホットフラッシュ対策におすすめの食品

 

ホットフラッシュ 原因について

 

 

 

亜鉛を含む食品


亜鉛を含む食品は、ホルモンバランスを
整えてくれる働きがあるので、
ホットフラッシュ対策に効果的です。

 

特に女性のホルモンバランスを整えるのに効果的ですが、
亜鉛を多く含む食品はごまやレバーなどです。

 

さらに、牡蠣には
非常に多くの亜鉛が含まれていると言われています。

 

 

 

 

ビタミンC


ビタミンCを多く含む食品は、体の免疫を高めるだけでなく、
ホットフラッシュ対策に効果的なんです。

 

ホットフラッシュの原因として、自律神経の乱れを
あげることができますが、その自律神経のバランスを整え、
ストレスに強い体作りを助けてくれるのが、
ビタミンCを含む食品です。

 

よく知られているレモンにも多く含まれていますし、
野菜であればブロッコリーやほうれん草
たくさん含まれています。

 

食品からホットフラッシュ対策

 

ホットフラッシュそのものだけではなく、
ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまっている原因を考え、
食品から対策してみてはいかがでしょうか?