まだ30代なのにホットフラッシュに悩まされるのはなぜ?考えられる原因とは?

ホットフラッシュ 原因について

 

ホットフラッシュなどの、
様々な辛い症状を引き起こす、更年期障害。

 

更年期は、約45歳から55歳くらいで、その時期に
更年期障害といわれる特有の様々な辛い症状に
悩まされる方は少なくありません。

 

30代で更年期障害?

 

ホットフラッシュ 原因について

 

しかし、最近では20代が30代といった若い世代の方でも、
ホットフラッシュを始めとした、更年期特有の症状に
悩まされている方が増えているそうです。

 

更年期障害が起こる原因として、女性ホルモンの
エストロゲンというものが減少し、体のホルモンバランスが
乱れてしまうことがあると言われています。

 

閉経によりホルモンバランスが乱れたり、
卵巣が老化することにより、ホルモンが
うまく分泌されなくなると言われています。

 

しかし、30代でホットフラッシュに悩まされる場合、
閉経や卵巣の老化に伴うホルモンバランスの乱れが原因とは
言い切れません。

 

では、どのような原因で30代の方でもホルモンバランスが乱れ、
ホットフラッシュなどの症状を経験してしまうのでしょうか?

 

30代のホットフラッシュの原因

 

ホットフラッシュ 原因について

 

ダイエットによるホルモンの乱れ

 

女性の体には、たくさんのホルモンが存在しています。

 

ホルモンのバランスを無視してダイエットを進めてしまうと、
ダイエットの成果が十分に見込めないだけでなく、
ホットフラッシュの原因にもなりかねないんです。

 

30代と言うと、まだまだ若々しく、綺麗でいたい!という思いも
ある時期ですが、過剰なダイエットは健康を損なう
原因となるだけでなく、ホルモンの乱れによる
若年性更年期障害といった辛い症状の原因となってしまいます。

 

ホルモンバランスを意識しながら、
少しずつ健康的に体重落とす方が効果的でしょう。

 

ストレス・寝不足

 

最近は、女性も社会で働く方が増えていますよね。

 

それで、30代ともなると会社では中堅という扱いになり、
ストレスがかかったり忙しくて
なかなか十分な睡眠を取れないと言う女性も、
少なくないかもしれません。

 

社会での活躍そのものは嬉しいことですが、
寝不足や過度のストレスは
ホルモンバランスを乱す原因となりかねません。

 

それにより、辛いホットフラッシュを引き起こしてしまうんです。

 

また、ストレスが原因でホットフラッシュを起こし、
ホットフラッシュが原因でストレスがたまるという悪循環にも
陥りかねません。

 

ストレスをなくすということが難しくても、
ストレスを上手に発散する方法や、可能な時に
十分な休息をとる様に意識してみてはいかがでしょうか?